ビジョン
日本企業のビジネス革命を強力にサポートする、サブスクリプション統合プラットフォームBplats®

表層的な理解はサブスクリプションの価値を見誤る

ビジネスの世界で「サブスクリプション」という言葉がもてはやされています。しかし、サブスクリプションの持つ可能性がちゃんと理解されているとは言いがたい状況です。

例えば、多くのメディアは「料金の支払い方」のみに注目し、「コーヒー飲み放題」や「音楽聴き放題」などのサービスを取り上げ、定額課金や従量課金こそがサブスクリプションであるかのように伝えています。もちろん、この捉え方は間違いではありません。しかし、それだけだとあまりにも表層的な理解で、サブスクリプションの価値を見誤ってしまいます。

サブスクリプションの語義範囲は非常に広く、「顧客との継続的な関係」が担保されていれば全部サブスクリプションです。「決済」や「会員制」、「eコマース」といった言葉と同等の語義範囲を持っているといって過言ではありません。したがって、さまざまな業種・業態、商材、地域といったジャンルごとに最適化されたサブスクリプションがあって然るべきですが、現時点ではそういう動きにはなっていません。


ビジネスモデル転換や新たな価値創造を支える「基盤」

サブスクリプションの本質は、顧客との継続的な関係を基盤としたビジネスを展開していくことにあります。その広い概念の中で、サブスクリプションは時代とともにどんな進化を遂げているのでしょうか。

第1世代のサブスクリプションは、対面による顧客とのつながりを担保したモノやサービスの販売で、保険の契約などもこれに該当します。第2世代のサブスクリクションは、オンラインストアやマイページなどインターネットを活用したタッチポイントで顧客とのつながりを担保するものです。

そして第3世代のサブスクリプションは、第2世代のサブスクリプションを包括しつつ新しいデジタル・テクノロジーを融合し、サプライチェーンやマーケットプレイス、エコシステムといった、より広範な顧客や取引先とのつながりのもとでビジネスモデルの転換を図り、かつてない付加価値(=収益)を生み出していきます。

ビープラッツは、こうした進化するサブスクリプションを捉え、「つながる(契約)×つながる(従量)×つながる(取引)」の3つの要素を通じて新しいサービスビジネスを実現していくためのプラットフォーム「Bplats®」を提供しています。

Bplats®は、ビジネスモデル転換や新たな価値創造を支える「基盤」です。様々な「つながる」に対応できる柔軟さが特長です。

例えば、月額・年額・売り切り・従量課金などの複雑な料金体系、多様な契約期間やルールのもとで運用されるサブスクリプションサービスを顧客とつなげるためのWebフロントを、自社で開発するのは非常に困難な作業でした。

この課題に対してBplats®は、スマートフォンやPCに対応したマイページ機能やマーケットプレイス機能を標準で提供しています。これにより顧客は当然のこと、その先にいる仕入先までつなげることが可能。サブスクリプションの取引や契約を複数の相手とつないでいく新たな「共創取引モデル」を実現することができます。


日本企業の強みを生かしたビジネス革命を後押し

サブスクリプションによるビジネスモデル転換や新たな価値創出を目指すうえでは、海外の先進企業の成功例をただ真似るのではなく、自分たちの製品や商材を介して、「どういった新しいサービスやソリューションを提供できるのか」「それは顧客のニーズに合致しているものなのか」「経済合理性はあるのか」といったことを熟慮する必要があります。それによってこそ、サブスクリプションの可能性が広がっていきます。

それはある意味で、日本企業が長い歴史の中で培ってきた強みを再検証することに近いのかもしれません。日本企業の強みは、ともすればグローバル・スタンダードが尊重される時代の中で「ガラパゴス」と否定されることも少なくありませんが、日本企業ならではの特性や個性が頑として存在している以上、それを無視したサブスクリプションはありえないはずです。

日本企業が持っている根幹的な強みとは、製品や商材を提供する顧客の声に応え続けてきた歴史にあります。例えば工作機械メーカーに注目すると、同じ機種を延々と作り続けてきたわけではなく、かつてはテレビやラジカセの製造ラインに適した装置を提供していたのが、現在はスマホの製造ラインに最適化された産業ロボットを提供しているといったように、時代とともに主力製品を大きく変遷させています。工作機械メーカーと顧客が連綿とつながってきたからこそ、それが可能でした。

一方で、そのビジネスが製品を販売するところで終わっているとすれば、あまりにも惜しいと言わざるを得えません。「モノ」の売り切りを中心とした旧態依然としたビジネスモデルから、顧客に新たな価値を提供して継続的に対価を得る「コト」を中心としたビジネスへの転換が必要です。

まさにそのカギを握っているのがサブスクリプションであり、ビープラッツは新たなステージに向かおうとする日本企業の取り組みを後押ししていきます。

お問い合わせ・資料請求
シェアリング・エコノミー/サブスクリプションビジネスをご検討中の 事業者さま、顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者 さまは、ビープラッツにお気軽にご相談ください。